選択肢が豊富な横浜での霊園選び

亡くなった人が安らかにあの世での眠りにつくための場所が霊園ですが、横浜であればさまざまな選択肢があります。せっかくの機会であれば、亡くなった人にもっともふさわしいところを選ぶのがよいといえます。都市化が進んでお墓を建てるような余地もないというのが一般的なイメージではありますが、実際には北部を中心として丘陵地も残っており、公園のようにきれいに整備されたところが多いものです。宗派についても不問であったり、あるいは仏教以外にも、キリスト教や神道形式での弔いにふさわしいようなところもあり、そうした意味では、他の地域をはるかに凌ぐような幅広さがあるといえます。あとは予算との関係や立地環境なども踏まえて、実地を見て納得した上での決断ということになります。

管理主体によってさまざまな特徴がある

横浜の霊園については、その設置や管理の主体によって、いくつかの種類に分けることができます。そのすべてがそろっているというのも特徴のひとつではありますが、さらに細かく、設置主体に応じた特徴もあるものです。たとえば、市営のものであれば、行政が設立したという安心感があり、宗派なども問わないところは魅力といえます。その反面、競争倍率が高いため、かならずしも希望どおりにはいかない可能性もあります。寺院の境内にあるものは、後々にわたって供養が行き届き、しかも普段から適切に管理されているというメリットがあります。この場合は宗派として認められるのかどうか、また檀家としての契約が別途必要になるかは確認すべきでしょう。その他の民間のものは、区画が広く清潔感があるという魅力をもち、空きスペースも多いのが特徴ですが、墓石の選択などは指定石材店だけという場合があります。

立地環境や価格帯をもって検討する

霊園を選ぶ際にはいくつかのポイントがあるものですが、設置主体とあわせて、立地環境や価格帯というのも重要な要素となります。横浜であれば多様な選択肢が用意されていますので、そのなかから状況にあわせた検討をしてみるのがよいでしょう。立地環境については、やはりお墓参りがしやすいかどうかは一番のポイントです。将来的に自動車に乗ることができなくなったり、高齢のために階段の昇り降りがおっくうになることも考えた上で、駅などからのアクセス性がよいところ、またはタクシーなどで容易に往復できるところを選ぶべきといえます。ほかにも、見晴らしがよい、公園のように植栽されているなどもポイントです。また、価格については、立地とともに面積によっても左右されるほか、市営のものは他の設置主体のものよりも一般的に安価です。墓石の費用、永代使用料、毎年の管理費などといったものとあわせて考えたいところです。