横浜エリアで注目されている霊園の新潮流

年々人口が増加している横浜エリアでは、首都圏のほかの都市同様、慢性的な墓地不足状態が続いています。公営霊園の少ない募集枠に応募が殺到して、大変な競争率となっています。新たな墓地を供給するためには、公営民営を問わず墓地区画を新規で造成する必要がありますが、都市部周辺では土地の関係からも、新設もしくは拡張予定地における、周辺住民の理解が得られにくい状態となっています。新たな墓地区画が切望されながらも、自分が住む近隣地域が墓地になって欲しくはないというジレンマも、首都圏の都市部が共通して抱える悩みどころとなっています。
新規の造成が難しくなっていることで、墓所区画そのものの価格も上がり、新たに個別のお墓を持つよりは、合祀の永代供養墓や樹木葬での埋葬を視野に入れる人が急増しています。

景観を生かして容易に新設できる樹木葬区画

慢性的な墓地不足や価格の高騰を受けて、横浜エリアの各霊園施設においても、新たな形式の埋葬方法や納骨方法によるニュースタイルの墓所を増やしています。海と山の景観に恵まれ、もともと樹林の多い墓地が多かった地域だけに、樹木葬区画の新設が進んでいます。樹木葬の場合、個別の埋葬エリアとともに、一本の樹木やモニュメントの周囲に合同で納骨あるいは散骨をして永代供養墓とすることも可能で、そういった形式も増えつつあります。
自然の風景と親しみやすい環境ということで、もともと樹木葬と海洋葬への注目度が高く、ことに景観の良さを生かせる樹木葬区画は、富士山の眺望も見事な墓所が多いことから、人々をさらに惹きつけています。都市部から比較的近いエリアに、自然に恵まれた丘陵地が広がっていることも、樹木葬との親和性を高めています。

都市部の諸事情に叶う新たなタイプの納骨堂

首都圏の大都市エリアでは、主要な駅から徒歩で数分といった場所に、新たなタイプの納骨堂が設けられるケースが増えています。一見、納骨堂とはわからないようなスタイリッシュでコンパクトなビルで、中には最新型の納骨室が設けられ、タッチパネル操作やICカードなどで個別に納骨室を呼び出すことができ、お参りができるようになっています。季節や天候にかかわらず、いつでもお参りができることと、なによりアクセスの良さで、遠方へのお墓参りが困難な高齢者にも支持されています。駅周辺だけでなく、各霊園施設内に新設されているケースもあり、横浜の墓地不足問題解決に貢献する潮流となっています。自然美あふれるエリアの樹木葬や永代供養墓とともに、新タイプの納骨堂への注目度は、いっそう高まりを見せつつあります。